「目」だけじゃない、意外な効能

ブルーベリー皆さんの生活にはどれだけブルーベリーが取り入れられているでしょうか。健康的な食品の代表格に挙げられるブルーベリーに最も期待されているのは、目の健康に対しての仕事です。「ブルーベリーが目にいい」というのは今や小学生でも得意げに語れるほどに広まっている情報です。
しかし、そればかりが有名になりすぎたあまり、ブルーベリーのその他の様々な魅力は「ブルーベリーが目にいい」に隠されてしまっているのではないでしょうか。目を良くしたい人の口に入ったブルーベリーが密かに老化を防止し、悪玉コレステロールの生成を抑制していると得意げに語れる人はあまり多くはないはずです。

このページの先頭へ

サプリメントで再評価!

ブルーベリー近年のブルーベリーの人気を牽引しているのは間違い無くサプリメントでしょう。彼の登場は人々とブルーベリーをより身近なものにさせてくれました。そもそもブルーベリーが目に良い働きをするためには、20個超の粒を1日で取り入れて、そこで初めて効果が現れると言われています。これを実生活に取り入れるのはなかなか難しいものがあります。生のブルーベリーを渋々食べ続けなくても済む回避策にジャムとして摂取する方法が挙げられますが、それでも目に満足できる値はそう簡単に摂取できません。しかしサプリメントであれば、苦しんで食べ続ける必要がなくなるどころか、とても小さなそれを飲み込むだけで生のブルーベリーの何倍もの栄養を取り入れることができます。サプリメントの登場は、ブルーベリーにとって革命と言えるでしょう。

このページの先頭へ

馴染みのないお年寄りに是非!

生まれた時から「ブルーベリー」を耳にしていたか否かという質問は、そのままアラフォーか否かの質問とイコールかも知れません。ブルーベリーの栽培が盛んに行われるようになったのはおよそ1970年頃のことです。それを比較的最近と感じるか否かも歳の差によるところではありますが、最近じゃないか、と感じるお年寄りの方が若い頃にブルーベリーを摂取できていなかったという事実は非常に悔やまれます。これほどビタミンや食物繊維を体に取り入れることのできるスーパー食材が昔から食べられていれば人生はもう少し愉快になったのかも知れませんが、今から議論してどうなる話題でもありません。ブルーベリーがこの世から消えてしまっているわけではないので、これからの人生にブルーベリーを加えていけばいいだけの話なのです。

ブルーベリーは、お年寄りにこそ口にして欲しい食品です。もし今までにブルーベリーを摂取したことがないのであれば、その体にはポジティブな刺激が強すぎるかも知れません。「目」関する話題はもう良いでしょう。ブルーベリーのもう一つの重大なメリットに、「尿路」に関してのポジティブな効能があります。多くのお年寄りが悩みを抱える膀胱炎、また尿路感染症に対し、ブルーベリーは果敢に戦ってくれます。

このページの先頭へ